適当でいいかも?

No,6

クランというものを体感し、そこで今は居ないかも知れないけど
顔見知りも出来ました。
ここらへんでナイトNirasakiはエルフマエぷに生まれ変わったんだよね・・・
エルフもLv40くらいで飽きてやっぱりナイトに戻った。

STRナイト、マエぷ誕生。
昔のクランや、知人立ち上げクランに所属し、まったりと蟻穴に没頭してた時期。
治癒ヘルや宝石で売却アデナだけで相当稼げてた気がする。

んでもってここで出合ったWIZ。これがワシの運命を変えた出会いだったんよね。
今はもういないけど、Parker(以下ぱか)ってWIZ。元の名前はHLAだっけかな汗
ぱかが所属してたクランがこれまた濃いメンバーが居まして。それがまた面白かった。

ぱかが所属してたSOCIUSってクランはケントを主に狩りメインなクランでしたが、ケント城を持っていた
Killersのヘルプを時々行ってた、そんなクランでした。
ひょんなことからワシも戦争ヘルプをするようになって新たなリネージュの世界が広がった気がする。

ワシはKillersヘルプっていう実感よりも、SOCIUSのヘルプって思って戦争してた。
当時いた幻魅氏やリケルメ氏。ワシのナイトって考え方はこの方々の考え方が主として
構築されていきました。

ナイトはPOT飲んで死んでも耐えて、死んだら即リスタ復帰。
赤で光ろうがオレンジに光ろうが白く光ろうが耐える。

この二人の影響で益々リネに没頭することに。

Killersヘルプを行うようになり、SOCIUSとも仲良くなり、SOCIUS面子と狩りする頻度も上がり。
この頃ぱかさんもリアル多忙につきINしなくなっていて・・・
この頃の収入源はクラハンのDVC5,6Fや、DVCツアー等だったかなぁ(懐古

そういえば斬轍剣spさんのツアーが一番楽しかった気がする。
行く度にサモンがブリザが出てた覚えが。
当時サモン2M+ オーガの血くらいの価値があった(笑

蛇足してしまいましたが・・・

そのSOCIUSからKillersヘルプを通じて戦争の楽しさを見出した。
指輪マークのクランや、ピストルマーククランが敵になったり、ヘルプにいたり
ワシみたいな外部には状況判断ができませんでしたが、楽しかった。
特に指輪クランのガースト変身の人たちは脅威だった覚えがある。
当時GereGereがロックマンマークで遊撃に来てたこともあり、ロックマンはこえーって
印象があった。
古い記憶だから断片的にしか覚えてないから実際はちげーよとかいわないでね。
だって一般ヘルプから見た印象だもん。

そんなこんなでKillersとして他の城のヘルプも行くようになったことだけは覚えてます。・・・

ハイネとか攻めてた時期。そこでまた新たなワシの運命を動かす出会いがありました。

また機会がありましたら・・・
[PR]
by maepu41 | 2009-08-07 12:08 | 歴史
<< No,7 20タイム待って1回のみ >>



マエぷ’s Lineage日記
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
以前の記事
やる気ボタン
LLランキング
カテゴリ
その他のジャンル
最新の記事
間に合わない
at 2016-11-28 01:23
ストⅡターボ
at 2016-11-24 00:42
ちくしょーーー
at 2016-11-21 01:56
アジア予選観賞で疲れマックス
at 2016-11-16 00:40
作業中
at 2016-11-15 01:51
ファン